お米の力で美しい肌を手に入れる

ライスフォースの成分「ライスパワーエキス」とはどのようなものか

ライスフォースの愛用者の多くはその「うるおい」にとても満足しているようです。このライスフォースのうるおいは、有効成分「ライスパワーNo.11」の効果なのです。
ライスパワーは発酵・熟成方法を変えることで、効果の異なるライスパワーエキスを開発しており、それぞれのエキスに番号を付けています。ライスパワーNo.11はその中のひとつで、2001年に「水分保持能を改善する効果」があると厚生労働省から認可を受けているのです。そのため、効果の程はお墨付きと言えます。
このライスパワーNo.11は超低分子に分解されるため、皮膚細胞の奥深くまで浸透し、角質層に留まってうるおいを保つという働きがあります。そのため、多くの人の肌の保湿が継続されるのですね。また、肌本来の水分を保つ力を改善し、紫外線や乾燥、肌トラブルに強くなるという嬉しい効果もあります。
その他の成分として、エタノール、BG、DPG、濃グリセリンなどが含まれています。エタノールとBGはアルコールの一種で、抗菌作用などのため使用されているようですが、そのお陰で防腐剤や石油系界面活性剤を使用する必要がないメリットもあります。DPGはリンゴやトウモロコシから抽出される成分で保湿効果もあります。濃グリセリンは植物由来の油脂成分で、保湿と感触良くする効果があります。

その他のコンテンツ